ヒトと地球、地域と企業、日本と世界を繋ぐ。株式会社 ジャスビコ

HOME > NEWS > マークエステル画伯の活動支援を行いました。

マークエステル画伯の岡山神社奉納式典サポートとマークエステル展を開催しました。

本年画業50周年を迎えた、フランス人画家 マークエステル画伯。
水墨画の「にじみ」の技法に魅了され、油彩画においてその「にじみ」を表現する独自の技法を確立、日本の神話を題材に創作活動を行われています。日本神話を題材にしているご縁より、伊勢神宮をはじめとする全国の名だたる神社に自身の作品を奉納する活動を1996年より行っており、「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」(令和1年11月9日開催)において、マークエステル画伯と共にその活動が紹介されました。

この国の文化を守る一つとして、日本の神話を題材に創作活動を続けているマークエステル画伯を以前よりご支援させて頂いております。

11月26日(木)岡山市 岡山神社に同神社の祭神「倭迹迹日百襲姫命(やまとととひももそひめのみこと)」を描いた油彩画(30号)が奉納され、拝殿で奉納祭典が執り行われました。
タイトルは「岡山の平和を愛で導く 倭迹迹日百襲姫命」。岡山神社拝殿を背景に、穏やかな表情を浮かべる「倭迹迹日百襲姫命」が描かれ、多くの方にご覧いただけるよう奉納された油彩画は、境内の参集殿に展示されています。

株式会社ジャスビコは、本奉納式典のサポート並びに同時開催された岡山マークエステル展(2020年11月26日〜30日開催)を主催し、マークエステル画伯の活動を支援いたしました。

◆岡山神社 奉納式典の様子